スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

斉藤清六

斉藤 清六(さいとう せいろく、本名:斉藤 精陸(読みは同じ)、1948年6月15日 - )は俳優、お笑いタレントで、欽ちゃんファミリー。東京都北区出身の福島県育ち、日本大学法学部卒業。浅井企画所属であったが、のちに独立し、個人事務所「清六企画」を立ち上げた。 略歴など
芸能界に入る以前は、福島県在住の両親の経営する米屋で育った(高校卒業まで同県に在住していた)。大学入学と芸能オーディションを受けるために東京に戻り、大学卒業後の1971年、萩本欽一に弟子入りを求めて押しかける。しかし、3日間いた後、萩本の一言から浅草修行へ。10年ほどしてから萩本の下に舞い戻り、以降は欽ちゃんファミリー入り。斉藤の人柄に絆された萩本はバックアップをしていく。

以来飾らないボケキャラで、お茶の間を賑せている。とくに『欽ちゃんのどこまでやるの!』「村の時間」のコーナーの仕切り役"たよりないアナウンサー"(番組では「あぜ道カットでお馴染みの甘栗坊や」のちに「稲穂カットでお馴染みの団栗坊や」と名乗っている)、『クイズ・ドレミファドン!』のリポーター「セイロクマン」が当たり役となり、当時の人気お笑いタレントの一員となった(それ以前にも『スター誕生!』のコーナー司会で、ボケキャラ振りを見せてくれていた)。しかし、テレビ番組等のレギュラー出演は1996年以降ほとんどなく、主に現在では単発番組にしか顔を見せていない。

萩本は弟子は一人もいないと公言していたが、最近になり唯一の弟子として認めた。

出演番組など

テレビ
『スター誕生!』(日本テレビ)
『欽ちゃんのドンとやってみよう!』(フジテレビ)
『欽ちゃんのどこまでやるの!』(テレビ朝日)
『激突スターボウリング』(テレビ東京)
『笑っていいとも!』(初期、フジテレビ)
『ぴったし カン・カン』(ゲストで後にぴったしチーム(4代目・山口良一キャプテン時代)メンバー、TBSテレビ)
『クイズ・ドレミファドン!』(フジテレビ)
『おーい、ニッポン・今日はとことん福島県』(NHK BS-2)
『いい旅・夢気分』(2002年頃に出演、テレビ東京)

ラジオ
『欽ちゃんのドンといってみよう!』(ニッポン放送)
『玉置宏の笑顔でこんにちは』(ニッポン放送)
『NISSANミッドナイトステーション・"ザ・欽グルスショー"』(TBSラジオ)
『るんるんナイト 清六・山口 おじさんワォ!』(TBSラジオ)
『ザ・ヒットパレード 毎日が電話リクエスト』(TBSラジオ)
『ピカピカBOX・"クイズ清六ショック!!"』(TBSラジオ)

CM
カネボウフーズ「広東麺シリーズ」(岡江久美子と)
黄桜酒造「呑(ドン)」(叶和貴子と)
スポンサーサイト
芸能人 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。