スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

鈴鹿8時間耐久ロードレース

鈴鹿8時間耐久ロードレース(すずかはちじかんたいきゅうロードレース、略称:鈴鹿8耐、8耐)は、毎年夏に鈴鹿サーキットで開催される日本最大のオートバイレース。 概要
名前の通り8時間の耐久レースで、1978年から開催されている。 1980年からは世界耐久選手権レースの1戦として組み込まれ、折りしも80年代から90年代初頭における日本のバイク人口のピークと相まって大いに盛り上がった。その頃に比べ二輪車販売が半減した今もなおロードレース界における夏の風物詩として国内有数の集客を誇るモータースポーツイベントである。 1984年からは日本コカ・コーラ株式会社が冠スポンサーとなり現在に至る。

かつては、世界を目指す若手ライダーの登竜門的な存在であった。 ケビン・マギー、ケビン・シュワンツ、マイケル・ドゥーハンらは鈴鹿8耐の活躍でWGPの切符をつかんだ。ワイン・ガードナーは無名時代の1981年に初出場でポールポジションを獲得したものの、すぐにはWGP参戦には結びつかなかった。そうして成長を遂げた彼らの海外における活躍と相前後し、WGPを退いて間もないケニー・ロバーツ (シニア)と全日本の第一人者・平忠彦によるコンビ結成(1985年)も大きな話題となり、以後国内4メーカーが威信を懸けてWGPやスーパーバイク世界選手権からトップライダーを送り込んだため、80年代中盤~90年代の8耐はさながら「レーシングライダー世界一決定戦」とも言うべき活況を呈していた。近年はMotoGP(WGP)との日程重複やレース自体の過酷さによる消耗を嫌って海外ライダーの参戦が減少傾向にあるものの、レギュレーションの変更などよる運営上の試行錯誤や全日本選手権等を戦う日本人のエース級ライダーによって以前に並ぶ熾烈な戦いが繰り広げられている。

観客自身がオートバイで来ることも多いことにもちなみ、決勝前日は二輪車をメインとした市内パレードが催される。また、全国的に暴走族が流行ったころは数千台規模の単車が集まり、警察が出動したこともあった。

世界選手権シリーズに昇格するまで(1979年以前)はレギュレーションが厳しくなかったため、ストックの状態で最大排気量1000ccを僅かに超えるホンダ・CBX1000やKZ1000のボアダウン改造車が出場することができた。

歴史

大会名

1978年~1979年 インターナショナル鈴鹿8時間耐久オートバイレース
1980年~1983年 世界選手権シリーズ 鈴鹿8時間耐久オートバイレース
1984年~1987年 世界選手権シリーズ “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久オートバイレース
1988年 世界耐久選手権シリーズ “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース
1989年~1990年 FIM耐久カップシリーズ “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース
1991年~1996年 FIM世界耐久選手権シリーズ “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース
1997年 FIM世界耐久選手権シリーズ “スプライト クール”鈴鹿8時間耐久ロードレース
1998年~1999年 FIM世界耐久選手権シリーズ “スプライト”鈴鹿8時間耐久ロードレース
2000年~ FIM世界耐久選手権シリーズ “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース

優勝者&優勝チーム・マシン
1978年 ウェス・クーリー/マイク・ボールドウィン(ヨシムラ:スズキGS1000R)
1979年 トニー・ハットン/マイク・コール(チームホンダ・オーストラリア:ホンダCB900F)
1980年 ウェス・クーリー/グレーム・クロスビー(ヨシムラR&D:スズキGS1000R)
1981年 マイク・ボールドウィン/デビッド・アルダナ(ホンダフランス:ホンダRS1000R)
1982年 飯嶋茂男/萩原紳治(ブルーへルメットMSC:ホンダCB900F)
1983年 エルブ・モアノー/リカルド・ユービン(スズキフランス:スズキGS1000R)
1984年 マイク・ボールドウィン/フレッド・マーケル(アメリカ・ホンダ:ホンダRS750R)
1985年 ワイン・ガードナー/徳野政樹(チームHRC:ホンダRVF750)
1986年 ワイン・ガードナー/ドミニク・サロン(チームHRC:ホンダRVF750)
1987年 マルチン・ヴィマー/ケビン・マギー(資生堂TECH21レーシングチーム・ヤマハ:ヤマハYZF750)
1988年 ケビン・マギー/ウェイン・レイニー(チーム・ラッキーストライク・ロバーツ・ヤマハ:ヤマハYZF750)
1989年 ドミニク・サロン/アレックス・ビエラ(Beamsホンダwithイクザワ:ホンダRVF750)
1990年 平忠彦/エディ・ローソン(資生堂TECH21レーシングチーム・ヤマハ:ヤマハYZF750)
1991年 ワイン・ガードナー/マイケル・ドゥーハン(OKIホンダ・レーシングチーム:ホンダRVF750)
1992年 ワイン・ガードナー/ダリル・ビーティー(OKIホンダ・レーシングチーム:ホンダRVF750)
1993年 スコット・ラッセル/アーロン・スライト(伊藤ハムレーシングカワサキ:カワサキZXR-7)
1994年 ダグ・ポーレン/アーロン・スライト(チームHRC:ホンダ RVF/RC45)
1995年 アーロン・スライト/岡田忠之(チームHRC:ホンダRVF/RC45)
1996年 コーリン・エドワーズ/芳賀紀行(ヤマハ・レーシング・チーム・ロードレース:ヤマハYZF750)
1997年 伊藤真一/宇川徹(ホリプロ・ホンダ with HART:ホンダRVF/RC45)
1998年 伊藤真一/宇川徹(チーム・ラッキーストライク・ホンダ:ホンダRVF/RC45)
1999年 岡田忠之/アレッシャンドレ・バロス(チーム・ラッキーストライク・ホンダ:ホンダRVF/RC45)
2000年 宇川徹/加藤大治郎(チーム・キャビン・ホンダ:ホンダVTR1000SPW)
2001年 バレンティーノ・ロッシ/コーリン・エドワーズ/鎌田学(チーム・キャビン・ホンダ:ホンダVTR1000SPW)
2002年 加藤大治郎/コーリン・エドワーズ(チーム・キャビン・ホンダ:ホンダVTR1000SPW)
2003年 生見友希雄/鎌田学(チーム桜井ホンダ:ホンダVTR1000SPW)
2004年 宇川徹/井筒仁康(セブンスターホンダ7:ホンダCBR1000RRW)
2005年 清成龍一/宇川徹(セブンスターホンダ7:ホンダCBR1000RRW)
2006年 辻村猛/伊藤真一(F.C.C. TSR ZIP-FM Racing Team:ホンダCBR1000RR)
スポンサーサイト
スポーツ | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。