スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

涼宮ハルヒ

『涼宮ハルヒ』(すずみや はるひ)シリーズは、谷川流/著、いとうのいぢ/イラストのライトノベルのシリーズ。角川スニーカー文庫刊。第8回スニーカー大賞〈大賞〉受賞作。「ザ・スニーカー」にて連載中。

また、2005年にはツガノガクによるコミック版の連載が少年エースにて開始されたほか、2006年4月よりアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」が放送された。


概要
涼宮ハルヒが宇宙人や未来人や超能力者や異世界人を探し出して一緒に遊ぶために設立した「SOS団」を中心とした、非日常系学園ストーリー。物語は主人公である男子高校生「キョン」の一人称で進行する(一人言タイプと他のメンバーと会話が成立しているタイプがある)。

極めて個性溢れる登場人物と、シリアス・ドタバタコメディーの絶妙な使い分け等が話題を呼び、著者の谷川はデビュー作にしていきなりスニーカー大賞〈大賞〉受賞という快挙を成し遂げ、シリーズ8作で累計280万部(2006年7月現在)という売上げを記録した。

ストーリー
「ただの人間には興味ありません。宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいれば私の所に来なさい」

入学式後の自己紹介でぶっ飛んだ発言をした涼宮ハルヒ。成績も運動神経も容姿も優れているのに、傲岸不遜な態度と中学以来の奇人ぶりからクラスで浮きまくっている上、普通のクラスメイトをつまらないと拒絶し、ますます孤立していたのだが、たまたま前の席であったキョンが話しかけたことで、二人の間で会話が交わされるようになった。

ある日、校内に自分が楽しめるクラブが無いことを嘆いていたハルヒは、キョンの何気ない言葉から「入りたいクラブがなければ、自分で作ればいい」と思いつき、キョンを巻き込んでクラブ作りを開始する。部員が長門有希一人で廃部寸前だった文芸部の部室を乗っ取ると、2年生の朝比奈みくるを「萌えキャラ」として拉致し、さらに5月に転校してきた古泉一樹を「謎の転校生」として加入させ、新クラブ「SOS団」を発足する。

しかし、長門有希・朝比奈みくる・古泉一樹の三人は、本物の宇宙人・未来人・超能力者であり、それぞれの属する組織から送り込まれてきたのであった。その目的は、ハルヒが自覚無しに持つある能力――世界を思い通りに改変し、望んだとおりの出来事を発生させる能力――の観測。キョンはハルヒに選ばれた人物であり、ハルヒにとっての「鍵」であると言うのだが、キョンにはにわかに信じることができない。

ところが次第にSOS団の周辺に異常な出来事が起こるようになり、キョンも三人の話を信じざるを得なくなってしまった。ハルヒだけが気付かないまま、キョン達SOS団メンバーは異常事態の処理やハルヒの退屈しのぎのために奔走することになる。
スポンサーサイト
アニメ・漫画 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。