映画

  1. スポンサーサイト
  2. ブレイブ・ストーリー
  3. カーズ
  4. ダ・ヴィンチ・コード
前のページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ブレイブ・ストーリー

『ブレイブ・ストーリー』は宮部みゆき著の小説、およびそれを原作としたアニメ映画(2006年7月8日公開予定)。大人から子供まで楽しめるファンタジー小説。

小説を原作とした漫画が小野洋一郎によって描かれているが、その場合のタイトルは『ブレイブ・ストーリー~新説』。また、同様に『ブレイブ・ストーリー』の名で姫川明も漫画を描いた。

また、複数のプラットフォームによりゲーム化され、映画公開とほぼ同時発売を予定している。
⇒ブレイブ・ストーリーの続きを読む
映画 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

カーズ

『カーズ』(Cars)はピクサーによる2006年7月に公開された、7番目の長編アニメーション映画作品。2001年より制作を開始している。当初はRoute 66という名前で制作されていたが、1960年代に同名のテレビ番組があったことから、作品名を現在の物に変えている。また当初、2005年の冬に公開予定であったが日付がずれ込み現在の公開予定日となった。登場キャラクターは全て車で人間は登場しない。

配給はディズニー。ディズニー・ピクサー間の契約とその契約更新の破綻に伴い、ディズニー配給としては最後のピクサー制作作品になる予定であったが、ディズニーによるピクサーの買収決定により上記の事態は回避された。なお、この作品コンテンツの商用利用権に関しては、全てディズニー関連会社が有している。
⇒カーズの続きを読む
映画 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ダ・ヴィンチ・コード

『ダ・ヴィンチ・コード』(The Da Vinci Code)は、ダン・ブラウンの長編推理小説。アメリカで2003年に出版された。「ロバート・ラングドン」シリーズの第2作目。

レオナルド・ダ・ヴィンチ作品[1]の謎にはじまり、多くの流説を結びつけた内容は世界的にヒットし、44言語に翻訳され5000万部の大ベストセラーとなった。筆者が、事実に基づいているとしたため大衆に注目され、多くの研究者の議論が行われている。

日本では、2004年5月に角川書店から上下巻で刊行された(現在、角川文庫で上中下巻の廉価版が発売されている)。日本国内での単行本・文庫本の合計発行部数が1000万部を突破した。(角川書店の発表によると2006年5月24日現在、単行本が237万部、文庫本が770万部、計1007万部)

2006年、トム・ハンクス主演で映画化。 ⇒ダ・ヴィンチ・コードの続きを読む
映画 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
前ページ | ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。